忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

を集中した


「持ち上げなくともいい。ただ押すのだ。おまえがちゃんとやりさえすれば動き出すぞ。さあ、早くするんだ。われわれにはまだたくさんやることがあるのだ」
 ガリオンは〈意志〉。
 かれはいとこのアダーラとともに丘のふもとに座っていた。かれの手には枯れた小枝とひと握りの枯れ草があった。
(用意はいいか)かれの内なる声が言った。
(こんなことをして何の意味があるんだ)ガリオンは内なる声にたずねた。(こんなことが本当に重要なのかい)
(それはおまえがいかにうまくやってのけるかによる)
(あんまりいい答とは思えないな)
(質問がよくなかったのだ。さあ、用意ができたらこの小枝を花に変えてみろ)
 ガリオンは批判的な目で作品を見つめていた。(あんまりいい花じゃなかったね)かれは弁解するように言った。
(だが必要なのだ)
(もう一回やらせてほしい)
(この花をどうするつもりだ)
(ただこうやって――)ガリオンはそう言いながら、今作ったばかりのでき損ないの花を消そうと腕を上げた。
(それが禁じられているのはおまえだって知っているはずだが)
(でも作ることはできたんだ)
(それとこれとは関係ない。この世にあるものは一切消すことはできないのだ。この花でも十分役にたつだろう。さあ、来い。われわれは急ぐのだ)
(でもまだぼくには用意ができていない)
(それは困ったことだ。もはや一刻の猶予もないのだぞ)
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R