忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

波心春漾


枯黃的柳枝抽出了新綠,後院的花草發出了新芽,春的味道是如此可愛,令作者想到祖國遙遠的邊土,抒發了心中的愛國之意……春心蕩漾,久久不熄。欣賞!問好作者!期盼佳作又是一個午後,又是一個毫無聊耐的閑暇。在一段絲毫沒有目的的慌亂的狂想中,終於找到了一定點安然的神色。心情自然也就暢快些許,一周的煩惱在難得的安定的氛圍裏慢慢消磨,直到可以讓人忽略的境地。悄悄地感受著略顯寒色的春風在耳鬢廝磨,此時方才感覺到春的味道如此之可愛。我被它深深地誘惑著,暗暗地指引著,我的意識完全失控著。不知不覺已經孤自一人走出了“困獸的鐵籠”,卻無法更多的去感知外物的生機勃勃。

我無法去用枯萎破碎的世界再去吸納著新的事物,盡管努力著,逞強地努力著,可是被“系統消息”告知,內存已滿。索性就無法自拔地虛假地陶醉吧,哪怕下一秒被狠狠地踢回我的安樂窩也不會感到哀楚。漫無目的地遊走著,到處尋覓著春色,看著抽出嫩綠的柳條,看著枯黃地的深處抽出的新綠,不免有些心喜。自己卻有種泛泛的空虛之感,或許是被填充滿了的日程突然被施放的緣故吧。也許自己就是在如此輪回的矛盾中跌倒與重生的苟且地存在著,仿佛是一個被“靜電屏蔽”的世界。慕然發覺,我要出去把玩後院的花花草草,我要出去看看屋前燕兒剪刀似的尾羽,我要出去欣賞田園中莊稼欣欣向榮的本色,我要出去品嘗殘存在葉片上的早春甘露,我要出去靜靜地羨慕那些在河畔垂釣的雅士,我要出去聽聽長江春水拍岸的聲響……幹脆隨風而去好了,在空氣中飄忽不定,直到感覺不到地球的吸引力。那就把一切都交給南來北往的季風吧,那樣也最輕松不過,它喜歡把我拋棄在哪兒就算哪兒。

即使是隨遇而安,但是還是期待著它能把我帶到遙遠的福祉,無論多麼的漫長,有多麼的艱辛,我只想說句“我願意!”那就讓溫濕的東南季風把我吹到荒漠的西北吧,好讓我在沙塵暴中摸清貧脊土地中的疾苦,然後坦然一句“我心同在。”那就再讓來自蒙古高原的寒風把我刮到天涯海角之南,飄過那美麗富繞的西沙群島,再一路向南,直到南沙。我要仔仔細細地看著那片可愛的土地,看著那片希望之土。於是更加發覺它的神聖,又怎可被洋匪隨意侵貪?我要呆在蛋丸之嶼上等待著“有心之人”灰心離去,或許要我孤單地等到天荒地老,或許便是時針指的下一刻。我會安安靜靜地乖乖地靜立著,默視著從身旁過往的船只,用我堅定的眼神與他們交換信息。累了,倦了,就向北遠眺,盡管面對空漠茫茫,但我堅信在那盡頭處有著我的母親。她在遙遠的地方目視著乘風的我,不悲傷,不哭泣。我要在腳下的熱土裏重重地插上一面五星紅旗,不偏不倚,鄭重地向那些建立紀念碑的家夥們宣布這是中國的領土!春心蕩漾,久久不熄。
PR

来世私が壊れトスカーナ州の木


もし来世がある、私はやりたくない一人、一人は、とても美しくて、しかしも疲れ。私の来世としての木、長はトスカーナ州緑の山の木。もし私の運が良い、私は1本の形が美の柏のような緑のろうそくの火のように空に伸び尖っ向日葵纖體美容投訴、いつも靑い、金色の空にあふれて。

私の梢は尖った、いつも暖かい緑の山の斜面に静粛に空に向けて、まるで考え込んでいて何の人で、実は私の思想がなくて、もはや思想の痛みを知って、私に立って高くて、そばには古代の戦争の中で殘った城。ぼくには見える遠いところになっている孤児のラファエル過ごし靑いの湖、彼ローマまで絵を描いて、憂鬱にトスカーナ州美しい斜面を見て、これは彼が自分の故郷に別れを告げて、ベランダで、ダビンチを与えているモナリザ描いて肖像、彼女の微笑みては、そんな心の繊細な人は、自分を隠すために立ちはだかるの微笑みはそんな気持ち、感じ笑とても神秘的で、若いミケランジェロからフィレンツェ旧市街に木戸が出て、彼の顔を持って苦しむ様子で、彼の天才だった何代の画家が、彼は自分の一生は幸せじゃない。そして、聖は修道院で、不安波切利壁に描いた世界で最も美しい天使口実。私はついに機会があって私の好きな画家。この度の私の心はもはや痛みで甘い感じ。私はついには彼らを見た。

私の長い丘の上に、毎日太陽を浴びて、鳥は私の頭の上に呼ばれ、私の木の枝を経てから風に櫛、長い髪のように、私の一生をすればそこに立つ行、もし私が風で倒れました、経過した人も、「この人でなしの風。」「あなたはどうしてまだ横になっている自分が悲しくて、すぐに立ち上がって、神は、あなたは自らを救う側が向日葵纖體美容投訴、神はあなたを救って。」私は私には無限の世世代代に、一本の放置し、甚だしきに至っては自分で責任を負わない柏。私はそこでしか生、そこに立っていて、そこには枯れ、選択肢は、責任を負わない。爱树の人は必ず私を掘って帰ったら。私は死んで彼の家の庭に、彼に後ろめたい。誰に邪魔にならない、私は一生自分でなじみの山の斜面に、隣でどの一本オリーブの木は代代のつきあい、今までにない遷徒時の凄惶そっと風が吹いて、もしならば、私は曲がって自分の梢、ここを通るのダンテを見て、私の美しい姿を風に書く彼の本の中で。何百年も経ちました、人々トスカーナ州ダンテの旧居を見学して聞こえて柔らかいの男声、優美のイタリア語、朗読しているこの一部分。

私は夏の夕暮れのような濃い緑の影のように、感情がなくて、ただ自分の夕暮れに伸びる木影驿道の上で、それは古い驿道か、家族全体のためにトスカーナ州メディチ徴服で修。私が見たのはロミオせっかちに馬にまたがって後に戻って、アラウィ国務相迎えに行く彼のジュリエット、悲劇に赴く。しかし私は悲しくない。私は自分の影をそっと覆彼の顔や体に、わずか1分、何年後、彼らの物語を書かれる本、絵になって。中国の女の子は彼女のシングルベッドに座って見て中国語に翻訳されたこの本。一本の長い柏の途中で彼女を指して絵の木に、母は「それは本当にとても悲しいかに見える。」実は、私は少しも悲しまないで、1株の木からは心のない。

しトスカーナ州の斜面を一本柏は向日葵纖體美容投訴、一生にただ日光にまるで流蜜の緑の大地、なんていい来世。しかし、人は結局は来世があるか?

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R